代表ブログ

塩谷 満 blog もうけのヒミツ 医療法人・クリニックに強い税理士が、経営、節税のヒミツを発信します

電子処方箋、4月より解禁

2016年02月10日

こんにちは。医療法人・クリニックに強い中央区の税理士、日本橋中央税理士法人代表・塩谷満です。

厚生労働省は4月から医師が患者の薬を指示する処方箋の電子化を認めます。医師が処方する薬のデータを地域の専用サーバーに送り、薬局がデータを呼び出して患者に薬を出します。薬局が年間7億枚を超える処方箋をパソコンで打ち込んだり、保管したりする手間がなくなり、効率化が見込まれます。。2020年度以降は全国に広げ、患者がマイナンバーカードだけで薬を受け取れる仕組みを検討するようです。


今のルールでは処方箋を紙で患者に渡す必要がありました。4月からは電子データでの処方箋のやりとりを認める方向。地域ごとに電子化に参加する医療機関と薬局が専用サーバーを通じて処方データをやりとり。患者が訪れた薬局が処方データや、医師の診察結果やアレルギーの情報を見て最も適した薬を出します。

電子化は希望する市町村や都道府県の単位で始める予定。地域の医療機関同士が患者の情報を共有している地域医療連携ネットワーク(全国約200カ所)の枠組みを使います。専用サーバーの導入費用は厚労省の基金で補助。運営の費用は電子化に参加する医療機関や薬局が負担する見通しです。


2月10日 日経新聞より

※医療・クリニックに強い日本橋中央税理士法人のホームページが新しくなりました。新着情報満載!
http://www.maplan.co.jp

まずは お気軽にお問い合わせください!! お問い合わせはコチラから!
東京都中央区の税理士なら「日本橋中央税理士法人」