代表ブログ

塩谷 満 blog もうけのヒミツ 医療法人・クリニックに強い税理士が、経営、節税のヒミツを発信します

最新医療機器、翌月承認に

2016年01月25日

こんにちは。医療法人・クリニックに強い中央区の税理士、日本橋中央税理士法人代表・塩谷満です。

厚生労働省は2016年度から人工関節やカプセル内視鏡のような最新の医療材料での治療を患者が保険を使って受けられるまでの期間を短くすることにしました。現在は厚労省の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)が承認した翌々月から保険が適用されますが、新機能を備えた医療材料に限り、翌月から保険を使えるようにするそうです。


現在の保険の適用が始まる時期は原則として3、6、9、12月の年4回。例えば3月から保険を使うには2カ月前の1月末までに承認される必要がありました。16年度からは2月末までに承認されれば、翌3月から保険を使って治療を受けられます。


公的保険が適用されると、医療材料を使って治療を受ける患者の負担は原則3割に減少。保険が利かない場合は患者が全額支払うため、費用負担が重荷になっていました。少しでも患者負担が軽減されるのは良いことですね。

1月25日 日経新聞より

※医療・クリニックに強い日本橋中央税理士法人のホームページが新しくなりました。新着情報満載!
http://www.maplan.co.jp/

※アメブロも連載中!。日本橋で働く税理士の素顔が見れる?
http://ameblo.jp/shioman51/entry-12092113682.html

まずは お気軽にお問い合わせください!! お問い合わせはコチラから!
東京都中央区の税理士なら「日本橋中央税理士法人」