代表ブログ

塩谷 満 blog もうけのヒミツ 医療法人・クリニックに強い税理士が、経営、節税のヒミツを発信します

診療報酬改定、本体は小幅値上げ

2015年12月15日

こんにちは。医療法人・クリニックに強い中央区の税理士、日本橋中央税理士法人代表・塩谷満です。

政府は2016年度の診療報酬改定で、医師の診察料や検査料などの技術料(本体)を引き上げるようです。財源不足が課題になっていたが、月ごとの医療費の患者負担を抑える「高額療養費制度」の上限引き上げを与党が大筋で受け入れる見通しとなって、財源にメドが立ちました。薬代の単価引き下げで診療報酬や患者負担の全体としてはマイナスになる見通しです。

政府・与党は賃上げなど所得増による経済の好循環を目指す安倍内閣の方針や来夏の参院選をにらみ、医療関係者の収入も増やす必要があると判断したようです。技術料の引き上げ幅は0%台前半を軸に調整予定。マイナス改定は必須と思われていただけに、引き上げは朗報です。


しかし、高額療養費制度の見直し実施は最短でも17年度で来年度の歳出抑制にはつながりません。来年度の財源は景気回復で保険料収入が増えている中小企業向けの全国健康保険協会(協会けんぽ)への補助金を数百億円減らすようです。


医薬品の価格を引き下げる市場拡大再算定制度も見直します。C型肝炎治療薬などの価格を引き下げて数百億円を捻出。このほか医師が処方する湿布の枚数も抑え、財源を積み上げる方針です。

いよいよ診療報酬改定も大詰めになってきましたね。

12月9日 日経新聞より

※医療・クリニックに強い日本橋中央税理士法人のホームページが新しくなりました。新着情報満載!
http://www.maplan.co.jp/

※アメブロも連載中!。日本橋で働く税理士の素顔が見れる?
http://ameblo.jp/shioman51/entry-12092113682.html

まずは お気軽にお問い合わせください!! お問い合わせはコチラから!
東京都中央区の税理士なら「日本橋中央税理士法人」